2005年04月13日

昨年の夏

PIC_0002_1.JPG PIC_0007_1.JPG


去年、うちの部屋のベランダに巣を作っていた、つばめの一家が居たんだけど、ある日地方への出張から帰ってきて、家に帰ってきたらベランダの床にでかいホコリみたいなのが2つ落ちてて。。。よく見たらつばめの子供じゃねぇかと!!でもよく自然の流れを壊してはいけないという意味で、落ちた子供を拾って育ててはいかん!というお達しをネットで見た事があるので、親が落ちてる子供に餌くらいやりにくるだろうと思って、1日はこのまま心痛むけど放置してみようと。
しかし、うちの近く、カラスが結構多いのでずっと近くを巡回して死ぬの待ってるし、親は餌やらずに巣に残ってるあと1匹のつばめにしかやらんし。
そのうち2日目の夜についに瀕死の状態になって目もつぶったまま動きもしてなかったんです。
「もう我慢ならん」
2羽を救出して巣立ちまで育てることにしました。w

何を食べんのかわからなかったので、調べたらミミズの小さいやつで「ミルワーム」ってのがいるんだけど、それを1日1羽あたり100匹近く。。。

まだ目が開いてなかったから、ちょうど開いた日にこの写真を激写。
親だと勘違いしたらしく(ってどう見てもおれはつばめじゃない。。。)離れた場所でも動くと口開けて
「ミミズくれ!」
しばらくは「ミミズをあげるいいお父さん」をしていました。w

毎回動くミミズを箸でつまんで口に入れるんだけど、まだ食べるのも上手じゃないから散らかすんだよ。。。
で、またその小さいミミズを探してまたつまんで入れてあげるって感じで。。。

でも、この写真ではまだ産毛がいっぱいだけど、これが全部なくなって2週間後にはきれいなツバメさんになりました♪離れたところからでも手をあげれば飛んでくるようになってたし♪もうこのままずっと飼ってやろうかとおもったんだけど、やっぱりツバメは仲間と旅せないかん!と、ある日仲間のツバメが何羽かいることを確認できた時にベランダの手すりに連れて行ったら、、、ここからがちょーかわいいんだ。しばらくこっちの顔みて、あたり見回して、、、
飛んで行きました♪そしたらどこからともなく数羽のツバメがよってきて一緒に飛んでました♪一羽だけぎこちないのがいたんだけど、おそらくそれがうちのでしょ(w
何回かうちの周りを周回して、彼らの溜まり場(言い方最低)に行ったようです。

で、結局巣立ったのはこの写真の左の子。右の愛想のよいカメラ目線なツバメ君は、一度ものすごく暑かった時に体温調節が出来なくなって、もうすぐ巣立ちのタイミングで亡くなってしまいました。。。この子はものすごくほんと愛想よくて、2羽の中ではお兄さん的存在でしたね。巣立った方のツバメ君はこの子の陰に隠れて同じようにする感じだったんだけど、お兄さんが亡くなってからは、急に凛々しくなって(2枚目の写真)。

お兄さんはよく散歩に行ってたとある大きな公園に埋葬しました。

巣立った子はなんとか無事に大人になったかなぁ。
なんだか自分の子供のようで、大切にしている写真でした。
posted by 爆音店長Nori at 03:47| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ビバ自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何か心温まる写真(書き込み)ですね。
でも1羽だけでもちゃんと育って良かったですね。
店長! 心やさしいですね。
Posted by おさむ at 2005年04月13日 16:03
以前、すずめの雛が巣ごと溝に落ちていて助けてあげようとしました。
エサや水をあげようとしましたが、口を開けてくれず助けられませんでした。何にも出来んで悲しかったです。
Posted by サラリッチー at 2005年04月13日 20:42
>>おさむ様
(照)そういえば(あと少しで)、つばめが戻ってくる時期だなぁと思うとどうしてもUPしたくなってしまいました。どっかで生きてるといいんですけどね。亡くなった一羽はほんと涙でたなぁ。最期一生懸命鳴いていました。

>>サラリッチー様
僕も今回そんな状況だったらほんと落ちてただろうなぁ。。。
口を開けるのも相当体力つかうんだろうなぁ。。。
Posted by 爆店 at 2005年04月14日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2929272

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。